• クレンジングを工夫してエイジングケアにチャレンジ

    メイクをした日に必要になってくるのがクレンジングで、就寝前にメイクを落とすことで、綺麗な肌を保つことが可能です。

    ですが、自分の肌質とクレンジングがあっていないと、肌に必要な潤いも洗い落としてしまうので注意が必要です。


    肌の潤いが少なくなると乾燥肌になるだけではなく、外からの刺激に弱くなってしまうので、シミや黒ずみもできやすくなります。

    毛穴クレンジングとの上手な付き合い方をお知らせします。

    エイジングケアをしっかり行っても、クレンジング選びが適当だと、その効果も落ちてしまうので気を付けましょう。クレンジングにはオイルタイプやリキッド、クリーム、ミルクなどの種類があります。

    T-SITEの情報を求める人におすすめです。

    一般的に、オイルやリキッドは洗浄力が強く、クリーム、ミルクは洗浄力が弱めだと言われています。


    洗浄力の強さはメイクにあわせて選ぶのがポイントですが、その場合、マスカラや口紅などのポイントメイクの濃さで選ぶのはNGです。

    クレンジングの洗浄力は、化粧下地やファンデーション、チークなどを基準にして選びます。
    そうすることで、必要以上の刺激を肌に与えることなくメイクを落とすことができます。



    肌への刺激を減らせるということは、乾燥がしにくいということです。
    肌が潤えば代謝も良くなり、エイジングケアにも繋がってきます。

    マスカラや口紅が落ちにくい場合は、専用のリムーバーで落とすように心がけます。無理にゴシゴシと力を入れて洗うと、黒ずみや肌のたるみに繋がってしまいます。
    ですので、エイジングケアの観点でも専用のリムーバーを使うことが大切です。